演芸ライフを報告する、小さな小さなメディア。2004-2006.
by chiroly_tokyo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
両国冬まつり
両国冬まつり
@お江戸両国亭
2006.12.15金

ガッポリ建設 コント
昔昔亭桃太郎 
仲入り
三遊亭好楽 つる
鏡味仙志郎 太神楽
立川談春 除夜の雪

途中入場。ガッポリが出た空間に、ほどなくして談春が出る不思議さ。
やはり除夜の雪は談春のネタとしてはいいとは思えない。いじめられて自殺する女性の噺。どこに「救いようがある」のだろう。それも、この席でかけるのは無茶。にぎわい座の前にやっておきたかったのか。さすがに受けてはいたけれども、いびきをかいてる客もいた。
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-12-16 16:29 | 落語
審査員のこと
オートバックスM-1グランプリ2006の審査員が決まった。
島田紳助、松本人志、南原清隆、渡辺正行、大竹まこと、島田洋七、中田カウス
の7人。
ラサール石井がいないし、春風亭小朝もいない。という感じ。

コンテストではルールとともに、適切な審査員はもっとも大事なんじゃないかと思う。じゃぁ適切な審査員ってなんなのか、具体的に誰なのか、というとなかなか難しくて、一言では説明できない。できる限り適切な審査員を見つけて決めてほしいと思っている。
7人のうち4人が吉本なのは適切なのか。女性がひとりもいないのは適切なのか。漫才経験者やコント経験者、演芸経験者が審査員の最低条件なのか。考える余地はありそうな気がするし、かといって、理想だけ言ってもスケジュールや条件が合わなければ実現しないのもまた事実だし。
このことだけを考えれば、1組図抜けたコンビが独走状態で優勝してくれたら、そのときだけは気にしなくてすむのにな、と思う。
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-12-13 02:02 | 日記
M-1グランプリ2006決勝進出者発表
M-1グランプリ2006決勝進出者が発表された。

■決勝進出8組
POISON GIRL BAND(吉本興業東京)
フットボールアワー(吉本興業東京)
ザ・プラン9(吉本興業大阪)
麒麟(吉本興業大阪)
トータルテンボス(吉本興業東京)
チュートリアル(吉本興業大阪)
変ホ長調(アマチュア)
笑い飯(吉本興業大阪)

初の決勝進出はザ・プラン9と変ホ長調の2組。
ザ・プラン9は結成から5年だが、なだぎはNSC8期生、芸人キャリア17年だったりするのがちょっとひっかかる。“5人”を活かし切れる漫才ネタって、2本あるのだろうか。
変ホ長調は前から話題になってたので、決勝進出も意外ではない。麒麟枠っぽいコンビ。ただ本寸法の漫才スタイルなのか、3組に残せるか、優勝させていいのか、という説得力は弱いかもしれない。
フットボールアワーは優勝経験コンビ初の再決勝進出。っていうか、このシステムでいいのか。おかげで1枠減ってるし。フットをもう1回優勝させていいことあるのだろうか。
POISON GIRL BANDとトータルテンボスは2年ぶり。そこまでの成長を見せてくれる気配があんまりない。
麒麟と笑い飯は常連組。今まで以上のネタなんて出せるのか。
チュートリアルが有利な気がする。去年も良かったし。このメンツでは一番しっくりする。

ジャルジャル、NON STYLE、三拍子が落とされてる。力不足なのか、ネタが悪いのか。

【予想】
敗者復活:5番6番
決勝3組:チュートリアル・笑い飯・敗者復活組
優勝:チュートリアル
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-12-11 23:23 | 日記
花形演芸会
花形演芸会
@国立演芸場
2006.12.9土

柳家喬太郎 心眼

聴きたくて。
心眼といえば八代目桂文楽のものである。それをどこまで演るのか。
中盤まで実によく再現していたと思う。
後半、喬太郎らしさを出してきた。落げあたりの間の取り方も十分。
よかった。お客さんの拍手も頷ける。
また大賞か。

現代の落語家の最高峰が演れば、こうなるだろう。
桂文楽のいた時代とは違うのだから。
改めて、桂文楽の人物描写の的確さに驚く。
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-12-10 08:38 | 落語
立川談春独演会
浅草見番寄席 立川談春独演会
@浅草見番
2006.12.9土

立川談春 慶安太平記 善達の旅立ち
太田その 唄と三味線
立川談春 慶安太平記 吉田の焼き討ち
仲入り
立川談春 三方一両損
立川談春 桂吉坊 対談

主催者から難いネタを演る会だと聞いて、談春は慶安太平記を選んだ。客を選ぶ噺。池袋での談志とのリレーを思い出す。怪僧善達が飛脚に手玉に取られるのが引っかかっていたのだが、今日は違和感なし。切れ場が盛り上がる。
太田その、初めて意識して観た。談春の着替えのつなぎでということだったのだが。もうすっかり虜になってしまった。唄も三味線もよくわからないけど、素晴らしい。わからないのに、素晴らしさだけはわかった。若くて、容姿がよくて、こんな人がいるなら、もっと前に出せばいいのに。
後席、ちょっと展開だれる。それでも、火事を起こして騒ぎの中で逃げる善達と十兵衛、それを見つける知恵伊豆と呼ばれた信綱の姿が目に浮かぶよう。
三方一両損は軽く。訴え出た後、いるんだかいらないんだか。越前の守が出るまではいいのだが、落げまでがどうにも。
何か話したいのかと思ったら、吉坊を呼んで対談。米朝の話より、談春と吉朝の関係が少しでもわかっただけで満足。
でも、談春は吉朝をわかってないだろう。
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-12-10 08:08 | 落語
ちょい復活
しばらく休みにしていましたが、どうしよう。
キリのいいところで、来年1月1日から新しいブログに引っ越そうかと。

つい昼寝してしまい、出遅れる。上野から浅草への電車の中で着物を着た女性を見かけて、あれっと思ったら、某講釈師だった。浅草行きなら同じ電車に乗る可能性も低くないな、と思う。田原町で降りていった。田原町で降りたほうがいいことを教わった。

立川談春独演会@浅草見番二階舞台

終演後、銀座線で赤坂見附、ホームを歩いて永田町へ。喬太郎が心眼をやるというので。

花形演芸会@国立演芸場

この微妙な時間差のありがたさ。充実した満足感で帰る。
iPodでBECKを聴きながら。6枚借りたが、全部聴くのはなかなか大変。鶴瓶がゲストのミュージシャンのCDを全部聴いて、対談したりするのは立派だとは思っていたけど、こんなに大変なことだとは。BECK、キャッチィな曲はいいんだけど、そうでないのはどこがいいのかよくわからん。
明日は晴れますように。
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-12-09 23:37 | 日記
立川談春独演会 談春七夜 銀
立川談春独演会 談春七夜 銀
@東京芸術劇場小ホール2
2006.10.09月

柳家三三 突き落とし
立川談春 小猿七之助
仲入り
立川談春 庖丁

談春の前説、最終日なので仏に目を入れてください、とスタッフに言われた話。スタッフって、どんな感じなんだろうなぁ。
三三の突き落とし、マクラで談春の前説の時間が減ってたと。突き落とし自体、あんまり聴いたことがない。
談春の小猿七之助、いよいよ来たかという感じ。一人船頭一人芸者で、ぐっと来た。聴けてよかった。細かいことをいえば、自分の父のことだと知った瞬間、七之助が驚いたけど、驚いていいのか、ということ。
談春の庖丁、私は銀で鼠穴と予想していた。つまり今の談春の1番は、真打昇進のときからずっと庖丁だということだった。そりゃ上手いし、いいよ。どうやってお静が寅になびくところを不自然にならないように演るかということ。
本物のカーテンコール。これだけやったんだから、それもまたよし。志ん朝七夜に通った客は、最後にこんな気持ちになったんだろうか。
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-10-29 22:47 | 落語
立川談春独演会 談春七夜 蛍
立川談春独演会 談春七夜 蛍
@東京芸術劇場小ホール2
2006.10.08日

立川談春 前説
柳家三三 乳房榎・おきせ口説き
立川談春 乳房榎・重信殺し
仲入り
立川談春 棒鱈

談春の前説、蛍を選んだのはパンフに書いてあるとおり。蛍の情景をやりたかったから、と。蛍の落語は何があるのかすらわからなかった。毎日落語を演っていると上手くなる、という話も。談春は落語協会の寄席派の人たちを意外にリスペクトしていて、上手いものは上手いと素直に認めるところがある。その最たるものが小さんと志ん朝へのものだと思う。若手落語家を育成について、もし全盛期の立川談志が教育して、寄席に毎日出すことができたら、と。でも、それに耐えうる素質のある人材っているのだろうか。
今回は、ここでネタ暴露。乳房榎を三三とリレーという趣向。この手があったか。リレー落語は、成立させるのがなかなか難しい。お互いの立場、キャリア、力量、心意気。ひとつの噺をふたりが協力して客を楽しませる。談春からすれば、自分の独演会で、自分が考えた企画で、三三に劣ることは許されないというハードルをあえて自らに課す。しかも、目の下にクマ作って、あきらかに疲れた状態で。

三三の乳房榎、どうということのない筋なのに、ここまで聴かせるか。あの間。300人いるのに一瞬の静寂。物音が立てられない緊張感。受けのないネタは特に強い。三三の他に誰ができるだろうか。この後に出る談春、大丈夫かと心配に。
談春の乳房榎、三三からの流れを受け止めて、自分の時間にした。三三も談春も講釈師になればいいのに。
談春の棒鱈、とにかく受けてた。棒鱈でこんなに受けていいのか、というくらいに。わかってる客でいっぱいだった、とも言えるけど。前半の緊張感からの緩和もあったけど。不思議な時間だった。
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-10-29 21:58 | 落語
立川談春独演会 談春七夜 山吹
立川談春独演会 談春七夜 山吹
@東京芸術劇場小ホール2
2006.10.08日

立川談春 前説
柳家三三 道潅
立川談春 紙入れ
仲入り
立川談春 木乃伊取り

談春の前説、追加を昼にしたことについて、高田文夫から注意されたこと、その話をして志の輔からたしなめられたこと、勢朝から楽屋話をされたことなど。七夜の色が競艇と関係しているとは気がつかなかった。やられたー。
テーマの山吹は三三にやってもらって、とアドリブっぽく言っていたが、実際どうだったんだろう。急に言われて、あれができたら三三は天才だ。
三三の道潅、まくらが見事だった。楽屋で失敗って小三治に報告し、小三治から唯一稽古されたときの話。小三治は「ご隠居さん、こんちわ」に万感を込めろ、と小一時間。いかにも小三治らしいし、三三に1席しか稽古してはいないが、いかに期待しているかがわかるような気がした。教わったネタが柳家で最初に習うことで有名な道潅。そして、道潅へ。
談春の紙入れ、談志から初めて道潅を稽古してもらったときの話。小三治と談志がいかに違うか。談春の談志を聞いていると、目の前に談志がありありと現れる。談春の持ちネタの中で短いといえば紙入れ。短いんだけど、あのおかみさんが上手くて、観甲斐がある。今日はいつもより長めに。昔は落げでよく噛んでた。横浜のカルチャースクールみたいなところで観たときのことを思い出さずにはいられませんでした。
談春の木乃伊取り。このネタがくるとは予想できなかった。前半、見どころがなかった。山吹で小判なら、付き馬を観たかった。付き馬の前半がすごくおもしろく、談春らしいので。
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-10-29 21:10 | 落語
お知らせ
知らぬ間にコメントできないような設定になっていたようです。
多分なにかの設定を変更するときに、マウスのホイールが引っかかったんだと思います。
誰もコメントしてくれないのか、と寂しく思っていたら、自分のせい。

談春七夜で燃え尽きております。ぶすぶす。
もうしばらく時間をください。

あと、ブログ引越しますので。
[PR]
# by chiroly_tokyo | 2006-10-14 23:18 | その他